大きな屋根の白い家*blog*

終わりなき「家づくり」の話題を中心に、この家での暮らしや趣味などを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pen「キリスト教とは何か。」

Pen ( ペン ) 2010年 3/1号 [雑誌]Pen ( ペン ) 2010年 3/1号 [雑誌]
(2010/02/15)
不明

商品詳細を見る


docomoの携帯で表示されるiチャネルで取り上げられていた「Pen」のキリスト教特集。ずっと気になっていたので、売り切れる前にと、急いで買いました。雑誌は、一度出会いを逃すと後々手に入れるのがとっても大変なので、気になった号は即買いしないとね。

まだ、ぱらぱらと読んだだけですが、とっても面白い。
キリスト教圏の文学などに触れるとときどきある、「?」な文脈。たいてい宗教がらみのことだったりするので、一度しっかりキホンのキを学んでみたいものだと思っていました。「バベルの塔」「ピエタ」「洗礼」「原罪」…、ぼんやりとは知っている言葉だけれど理解してしないことを、オールカラーで写真や宗教画とともに、やさしく解説してくれています。

ちょっと話は違うけれど、カナダ留学時はクロスモチーフのネックレスをしていたら、やたらたくさんの人から「クリスチャンなの?」と聞かれました。割と気になるのかな、キリスト教圏の人は。というか、気に障る人が多いのかな…、いや宗教的なモチーフということ自体が好まれないのか?と、その空気感がイマイチ分からないまま、つけるのをやめたの。私は外国人が梵字や仏像柄のTシャツを着ていてもあまり気にならないけど、それは私がほぼ仏教に思いいれがなく育ってきたからだしなぁ。
最近は、マリア像をモチーフにしたアクセサリをよく見かけます。こないだ、かわいい!と目を惹いたストールも、黒地にマリア像のプリントで、ステキに見えました。が、うーん、なんかあれ以来、色々考えちゃうんだよな。
でも、好みの方向が違うのでまぁありえないんだけど、たとえばインドの神様柄のTシャツを着たくなったと考えてみたら、なんか多分、キリスト教モチーフに対するような、そういう抵抗は感じないんだよね。

結婚式もキリスト教式だったし、クリスマスも普通に大好きなのですが、この身に着けるものに関してだけは、いまいち割り切れないrillaなのでした。

とりあえず「Pen」面白そうなので、じっくり堪能します。

Comment

あい says... ""
私もPen買ってみよっと。
本屋さんで見かけて気になってたんだけど、そのときは他に3冊本を買ったので買うのを保留してたのです。日本ではクロスモチーフのネックレスは「かわいい」から多くの人が身に付けてるけど、クリスチャンの人から見れば「常にクロスを身に付けるほど信仰熱心なのか?」と思って不思議なのかしら??
2010.02.22 20:51 | URL | #- [edit]
rilla says... "Re: タイトルなし"
本屋で散財、あるよねー。できるだけ図書館などを利用するようにはしてるんだけど、手元に置きたい本ってあるものね。
「Pen」は特集ページが膨大でワンテーマなところが好き。今はオークションでバックナンバーの「戦国武将」特集を狙っています。なんと家紋シール付(笑)。戦国には詳しくないけど、歴女流行の入口にたってみようかと。

クロスモチーフ、かわいいよね。
よく考えたら、本家NYのティファニーとかからもクロスモチーフいっぱい出てるんだし、「クロスモチーフ→クリスチャン?」っていう図式は、キリスト教文化圏でも、ないに等しいのではないかと推測。とすると、そのとき私がしてたネックレスが、どうも「おしゃれ用」ではなく「実用本位的=信仰用」なデザインに見えたのかも、と思えてきた…。確かにシンプルなクロスだったんだよね。「パワーストーンのおしゃれブレス」じゃなく「リアル数珠」をつけてる人みたいな違和感があったのかもしれませぬ(´・ω・`)ハズカシイ…
2010.02.23 17:39 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rilla.blog59.fc2.com/tb.php/74-1945a75a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。