大きな屋根の白い家*blog*

終わりなき「家づくり」の話題を中心に、この家での暮らしや趣味などを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かっちー…ん☆(#・∀・)怒

更年期かと思ったら高温期でした。
もう腹がたつやら無力感にさいなまれるやら…。゚(゚´Д`゚)゚。

某所でちょっとした文章を書かせていただいているのです。
いつもしてるようなお店や温泉の紹介や、広告などのお仕事ではなく、rilla目線での考えを小さな読み物として書かせていただいている、すごく大切にしたいお仕事なわけです。

で、そこで「女性の人生の岐路について・仕事について」的な内容を書いたの。といっても堅苦しいものではなく、軽いタッチでふだんから思っていることに少し触れた。
「人生は他動的な側面が多々あり、また偶然の連続である」というような。特に女性の場合、特に仕事に関しては、思いのままにならないことのほうが多いけれど、その状況をどう自分に生かして協調してゆくか、また信じる道を人のせいにして捨てない情熱を、どう持ち続けるか、みたいなね。そんなことまで心に思いながら、軽くそういった内容に触れたら…。

うーん、どうも軽すぎたんですかね、なんなんだろう。
ご丁寧にご意見をくださった方がいらして。意訳すると「前向きに!」「見方を変えましょう。嫌なことも、やりがいのある仕事になります」

かっちー…ん(#・∀・)怒

すみません、自分の文章力を棚にあげて怒るのはお門違いだとは分かってる。推敲して世に出した後の文章は、自分のものではないことも分かってる。
でも…、なんですか、これ、盛大な愚痴だと思われたんでしょうか。本当にちゃんと読んでくれたんでしょうか。1回読んだだけじゃ真意の伝わらない文章だった? それでアドバイスをくれたんですか、うちの嫁はもっと前向きですよって、愚痴ってないで見方を変えましょうって、そりゃまたどうもご丁寧なこった。
もうもうもう、腹たつやら、やるせないやら、ああああああもう!(早く体温下がらないかな(;^ω^))

もちろん、ちゃんと本意を汲んでくれた人もたくさんいた。本当に嬉しかった。書くことの喜びは伝わること、それだけです。それ以外にはない。
もっと修行しなくちゃいけないね。誰が読んでも真意の伝わる文章。無力感を覚えました。

世界のあちこちでおきている激しい出来事に比べれば、作家の仕事など砂粒のようなものだ。消えたっていい。風に飛ばされたっていい。そのときどきで、一瞬だけ輝いてくれれば。

人間の言葉は宝物だ。一瞬にして人を立ち直らせてくれるのが、言葉だ。その言葉を扱う仕事に就いたことを、自分は誇りに思おう。神様に感謝しよう。

                奥田英朗「女流作家」―『空中ブランコ』


Comment

あい says... ""
rillaちゃんの文章、愚痴にはみえないけどなぁ??
「生きるということは不確かで、思い通りにならないことも多いけど、上手に折り合いつけるところはつけ、かといって妥協することなく、情熱を持っていきましょう!」だよね。
受け取り方は人それぞれ・・・というしかないのかなぁ。「誤解」も含めて。
どんなに有名な作家さんでも、誤った解釈をされたりするし。
体調整えて、また良い文章書いてね!
2009.06.26 20:52 | URL | #- [edit]
tmk says... ""
えーーそれはムカつく!!
リラちゃんの言ってることわたしはめっちゃよくわかるよ!
どう考えたって現実的かつ前向きな意見やと思うけど。
でも若者や男の人の中には分からない人もいるのかもねー。
わたしは、リラの文章はちゃんと真意の伝わる文章やったと思うんだけど、
受け取る人の環境や経験や心情によって、理解してもらえないこともあるんだわ、きっと。
気にせずにさっさと忘れちゃえ~!
2009.06.27 00:54 | URL | #- [edit]
rilla says... ""
コメントの表示がおかしかったみたいで、新着記事がありながら、あたたかいコメントをスルーしていてごめんなさいっ( ;∀;)

>あいちゃん
そうそう、そういうことを言いたかったの。うまくまとめてくれてありがとう。
本当に受け取り方って人それぞれだし、そういった話を好まないor受け付けない人もいるから、もうこれは最大限の努力をしながらも、わりきるしかないのかも、と思ってるところです。
ほんとに力づけられたよー、いつもありがとう、あいちゃん。

>tmkちゃん
ひーさーしーぶーりー!
だよね、受け手側の心情とか環境によって左右されるんだと思いました。あと、内容の好き嫌いもあるのかも…とか。
お店紹介とかの記事だったら、できるだけフラットに書くようにするけど、こういった内容はやっぱり冒険だなぁと実感。
同業のtmkちゃんのコメントは沁みました、ありがとう。だって、なんか書かずにはいられなかったんだよぅww
しばらく会ってないよねぇ、私もバタバタし通しだけど、京都に行く機会あったら時間作るから、一度会いたいわー。和歌山に来るときも是非連絡ちょーだい♪
2009.06.29 11:36 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rilla.blog59.fc2.com/tb.php/70-e0c5c546
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。