大きな屋根の白い家*blog*

終わりなき「家づくり」の話題を中心に、この家での暮らしや趣味などを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖女の救済

聖女の救済聖女の救済
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る


なんか本の記事ばかりですみません。今読書にドはまり中。

東野圭吾のガリレオシリーズ最新刊。ちなみに、ガリレオシリーズ全巻、直木賞の「容疑者Xの献身」はじめ、この本と同時刊行の「ガリレオの苦悩」も既読です。
東野圭吾は大好きなわけではないけれど、なんか読んじゃう。けっこういろいろ読んでます。「白夜行」「幻夜」は、好き嫌いは別として、すごい読書体験で、カタルシスを味わいました。
けいごりん、どの本も一気に読ませますよね。うまいです。
「予知夢」や「ガリレオの苦悩」などが短編集なのに対し、これは「容疑者X…」と同じく長編小説です。
ミステリ愛好家ですが文芸よりのrillaとしては、短編のトリック重視のものよりも、これらの長編のほうが好み。
そして、「容疑者X…」よりも、こちらのほうが、rillaは好きかも。


以下、超超ネタばれです。既読の方のみどうぞ。

ミステリのトリックを見抜けないことに関しては定評のあるrillaさん。
途中でね、潤子=綾音かと思ったんですよwww。「幻夜」と同じネタwwww。さすがにそれはないですよね。案の定ぜんっぜん違いました。

今回の被害者は最低な男です。「容疑者X…」もそうだったけど、rillaはあれに5重くらい輪をかけて、こいつが嫌いだ。死んでもいい人なんていない、というのはそうなのですが、心の中で「こいつ死ね、1回といわず3回くらい死ねこのやろう」と、血なまぐさい憤りを滾らせながら読んでいましたww

確かに、ちょっと現実味がなかった今作。
トリックも、作品中でも「ありえない」と言われていたほど、うん、確かにありえないものだったwww。
それに、綾音のような芯が強く、行動力と知力に富み、自律的な人が、あんな約束を提示するような男と結婚するだろうか。ただ愛してしまったがゆえに、あんな人でなしの夫と暮らし、薄氷の上で自分の仕掛けた毒から救いつづける、それはつまり隠れた支配の日々なのだけれど、その狂気のような1年の後には、死という破局しかこない。そんな不毛の1年を過ごすだろうか。翻意するかもしれない、という希望を捨て切れなかったのか。
まぁ、ミステリの設定として、そこをごちょごちょ言っても仕方ないね。殺人ミステリの設定としては、うまく納得させてくれるほうだったと思います。醜く歪んだところがないと、殺人なんてそう起こらないのだろうから。なにもかもがrillaにもすんなり納得できるようにピースが嵌っていたら、殺人にもっていけないものねwww

東野圭吾の書く女性は、両極端な気がする。
不幸の中でもけなげに生きるマリア様のような女性か、美冬・秋穂系の世界を手中にするような悪女か。
最後、宏美が子供を生むことにした、という箇所も、正直「…そうなの(´・ω・`)?」となりました。殺人愛憎劇の後だからこそ、「おなかの赤ちゃんと一緒に、新生活を生きていこう」という象徴なのかもしれないけれど、綾音が薦めたという1文が…もにょもにょ。
私が綾音なら、あんな男の子供を出産することは薦めない。あの男を私は殺した、あなたの赤ちゃんも私が殺したことにする、だからすべてリセットして、新しい人を見つけて普通に幸せになりなさい、このことはすべて忘れなさい、という…んじゃないかな。ちょっと想像もつかないけれど。
でも、rillaの中の聖女は、このサイクルを断ち切ったことによって、その手を血に染めているのです。
赤ちゃんに罪はない、子供を産める体のあなたは幸せよ、ということか。子供を産む決心をした宏美も聖女なのか。いやでも、子供を産むことがすなわち希望ではないわけで。うーん、わからん。

ともあれ、面白かったです。ほぼ1日で一気読みでした。
登場人物がみな魅力的で、特に今回の草薙刑事はオヤジの哀愁たっぷりでよかったですww

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rilla.blog59.fc2.com/tb.php/56-4323e6a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。