大きな屋根の白い家*blog*

終わりなき「家づくり」の話題を中心に、この家での暮らしや趣味などを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年1月の読書と森見登美彦

yom yom (ヨムヨム) 2008年 12月号 [雑誌]yom yom (ヨムヨム) 2008年 12月号 [雑誌]
(2008/11/27)
不明

商品詳細を見る


yomyomで読んだ、ジェフリー・ディーバーの短編「つぐない」と、森見登美彦の「大日本凡人會」がすごぶる面白かったので、次はその辺を読もうかなと。

森見登美彦さんは、奈良は生駒出身、2つ下の方なんですよね。おお、これは知り合いの知り合いくらいなのではないか!と思って、wikiで調べてみたら、奈良女子大附属中学・高校→京大と進学されていました。あはははは接点ないわね!
rillaも前にブログを書いていたはてなダイアリーのブロガーであり、そして、多数の京都を舞台にした作品では「百万遍の交差点が」「東大路通を」なんて箇所がいっぱい出てきて、読んでいて非常に楽しく(rillaも京都の大学出身なので。どっちかっていうと西大路通りですが)、かつ親近感。

が、しかし。今から読むのは東野圭吾「聖女救済」。借りてるの返さなくちゃいけないので。東野圭吾は、そこそこ好きだけど、続くとダメです、なんでかww

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rilla.blog59.fc2.com/tb.php/53-3a42ef4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。