大きな屋根の白い家*blog*

終わりなき「家づくり」の話題を中心に、この家での暮らしや趣味などを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼穹の昴

文字があれば読んでしまう性質ながら、ぜんぜん本読めなかった昨年。とりあえず、少しずつでも、継続的に本を読もうと、努力中です。

最近読了したのは、浅田次郎「蒼穹の昴」。

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
(2004/10/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る


オット含め、何人もの人に「是非読め」と薦められていたので、さぞかし人生の座右の書とすべき知恵と示唆に満ちた物語なのだろう、と思っていたのですが、意外とエンターテイメント性の高い物語で、難解かつ高尚な読書と構えていたrillaさんとしては、拍子抜け。勝手に構えていたのはrillaなので、拍子抜けは、悪い意味ではないです。
むしろすばらしい良書だと思います。誰にでも胸を張って薦められる。
歴史ロマンに彩られた疾走するストーリー展開、平易かつ整った文章、芯にある「混迷の時代を生き抜く人間としての強さとやさしさ」というような、まさに今の時代に何よりも求められるであろうテーマ。
ただ、ただ、あえて言うなら。
rillaが女だからでしょうね。歴史の大河の中に身を投じる、没我の精神のヒロイズムを、もっともっと個々人の側に引き寄せ、そして、どこかに繋げたい。憂国の士が自分の身と家族をも犠牲にして、改革の礎となる、その亡国のロマンよりも、その中で生き抜く、個人の苦悩と成長をむしろもっと読みたい。だから、前半2巻の、主人公2人の必死の生き様の部分のほうが、楽しく読めました。後半はちょっと、rillaには受け止め切れません。
小野不由美の「十二国記」のほうが、rilla的には衝撃が大きかったです。

Comment

麗 says... "初コメントかも"
 このブログ、お家づくりの様子何度も読ませてもらってたの~

久々の更新、嬉しいですv-22 

 またお家の様子も見せてねん

 

 蒼穹の昴、私も楽しく読んだ。珍妃の井戸、中原の虹と続いていくのかな。

虹は読んでないけど。 シェエラザード、プリズンホテル、と浅田次郎のエンタ

ーテイメントはけっこう好き。 ひとつひとつ、テーマを決めて裏側をしっかり

調べつくして、でもあくまで軽いタッチのエンターテイメントとして仕上げてる

のが、面白いなあ~と。rillaみたいに、深く掘り下げてコメントできないんやけ

v-14 

 あ、霞町物語も好き。浅田次郎は、これ好き~というのと、そうでないのの

差が私的には幅が大きいかも。

 これからも、rillaの読書日記楽しみにしてまーすv-238

 
2009.01.21 23:29 | URL | #- [edit]
rilla says... ""
>麗ちゃん
さっそくコメントありがとう♪
引越しはどう??忙しいんだろうな。

浅田次郎好きって、ミクシにも書いてたから、一緒だ一緒だと思ってましたww
rillaはヤクザもの(?)は「きんぴか」がダイスキ。読んだ?
未読なら、是非どうぞ。めちゃ面白いよーー!!

「シェエラザード」はオットがめっちゃ好きみたい。あと、父が「日輪の遺産」にもハマってた。
やっぱりみんな好きだし、誰にでも薦められるよね、浅田次郎。
骨太なのに面白いエンターテイメント、いいです。

珍妃の井戸、中原の虹も読みたいなと思ってます。
中国モノ、中原の虹の後に、もう1作予定されてるとも聞いてるので、楽しみだぁ(*^_^*)
2009.01.22 19:19 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rilla.blog59.fc2.com/tb.php/52-30363fa6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。