大きな屋根の白い家*blog*

終わりなき「家づくり」の話題を中心に、この家での暮らしや趣味などを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岸和田カンカンベイサイドモール

岸和田カンカン

カメラ屋さんの営業さんM氏を師匠に、つれてってもらったお勉強ツアー。
振り返って撮った岸和田カンカンベイサイドモール。空の感じがなんかよかったです。

なにが撮りたいのかなぁ、私は。

空と海と花と洋館が好きだけど、なんかテーマを決めて、とりあえずそれをメインに撮ってみたら?と師匠Mさん。
赤なら赤いものばかり、とか。
とりあえず花を見かけたら撮る、とか。
建物ばかり撮るとか。
そして、それをアルバムにまとめたりしてみるんだよ、と。
なるほど。

人物は苦手。特定の人を撮るとかできないです。
人ごみで撮るとかはできるけど、ポートレイトのようなのはうまく撮れたためしがないですww

そして、建物はむずかしい。仕事でお店や施設の外観を撮ることが多いけど。
撮れた!と思ったら歪んでたり、入りきらなかったり、間延びしてたり、白くとんでたり、暗すぎたり、嫌になるくらいキマってないことが多い。
被写体を動かすことができないので、光の加減、場所と構図など、こちらがうろうろうろうろしなくちゃいけないので、けっこう目立つので、恥ずかしいです。
でも、建物好きなので、うまく撮れたらすごくうれしい。
室内も外観も、細部に気に入ったところを見つけたら、きゅーんとなったりしませんか。
フローリングとペンキの壁の継ぎ目のひび割れ、とかww(細か!)
よく晴れた日、白壁に瓦の家の窓際の赤いゼラニウムとか。

いろいろ撮ってみて、気になるテーマを見つけよう。

スポンサーサイト

聖女の救済

聖女の救済聖女の救済
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る


なんか本の記事ばかりですみません。今読書にドはまり中。

東野圭吾のガリレオシリーズ最新刊。ちなみに、ガリレオシリーズ全巻、直木賞の「容疑者Xの献身」はじめ、この本と同時刊行の「ガリレオの苦悩」も既読です。
東野圭吾は大好きなわけではないけれど、なんか読んじゃう。けっこういろいろ読んでます。「白夜行」「幻夜」は、好き嫌いは別として、すごい読書体験で、カタルシスを味わいました。
けいごりん、どの本も一気に読ませますよね。うまいです。
「予知夢」や「ガリレオの苦悩」などが短編集なのに対し、これは「容疑者X…」と同じく長編小説です。
ミステリ愛好家ですが文芸よりのrillaとしては、短編のトリック重視のものよりも、これらの長編のほうが好み。
そして、「容疑者X…」よりも、こちらのほうが、rillaは好きかも。


以下、超超ネタばれです。既読の方のみどうぞ。

一眼レフを買いました

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-420 レンズキット E-420KITOLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-420 レンズキット E-420KIT
(2008/04/18)
不明

商品詳細を見る

オリンパスE-420という一眼レフを、ライターのお仕事のお金でご購入(・∀・)♪ 
なんでオリンパスかというと、かわいかったから&ちょっと変わってていいかなと、それだけなんですが(笑)。標準ズームに加え、パンケーキレンズという単焦点レンズも同時にお買い上げ。もうもうめっちゃかわいいんです。
カメラ屋さんの担当さんに、撮影ツアーに連れて行ってもらったりと、鋭意練習中でございます。とりあえずこれも3月までにある程度使い慣れたいです。

エイゴのお勉強にいってます

週に1回、エイゴレッスンに通っています。
といっても、このままずっとではなく、3月でやめて、また来年の1月にカムバックしたい予定。
あと、NHKの「ラジオ英会話」を細々と聞いています。岩村圭南先生の「徹底トレーニング英会話」のほうが力がつきそうに思うのですが、大学生の頃から断続的に聞き続けている、遠山顕先生のノリのほうが安心できるので好き。
とりあえず、エイゴは冬季限定studentです。別に仕事で使うアテもないし。ただ、数年に一度、オット父のロータリークラブの活動で通訳として駆り出され、そのときは、BSEや鳥インフルエンザから警察の犯罪捜査についてまで、ありとあらゆることを話さなくてはいけないので(日本語でも説明できませんよ、そんなこと(^_^;))、そのときに死にたくならない程度に努力はしておきたいのです。
夏は…、もう英語どころか日本語しゃべるのもいや。忙しすぎてww

2009年1月の読書と森見登美彦

yom yom (ヨムヨム) 2008年 12月号 [雑誌]yom yom (ヨムヨム) 2008年 12月号 [雑誌]
(2008/11/27)
不明

商品詳細を見る


yomyomで読んだ、ジェフリー・ディーバーの短編「つぐない」と、森見登美彦の「大日本凡人會」がすごぶる面白かったので、次はその辺を読もうかなと。

森見登美彦さんは、奈良は生駒出身、2つ下の方なんですよね。おお、これは知り合いの知り合いくらいなのではないか!と思って、wikiで調べてみたら、奈良女子大附属中学・高校→京大と進学されていました。あはははは接点ないわね!
rillaも前にブログを書いていたはてなダイアリーのブロガーであり、そして、多数の京都を舞台にした作品では「百万遍の交差点が」「東大路通を」なんて箇所がいっぱい出てきて、読んでいて非常に楽しく(rillaも京都の大学出身なので。どっちかっていうと西大路通りですが)、かつ親近感。

が、しかし。今から読むのは東野圭吾「聖女救済」。借りてるの返さなくちゃいけないので。東野圭吾は、そこそこ好きだけど、続くとダメです、なんでかww

蒼穹の昴

文字があれば読んでしまう性質ながら、ぜんぜん本読めなかった昨年。とりあえず、少しずつでも、継続的に本を読もうと、努力中です。

最近読了したのは、浅田次郎「蒼穹の昴」。

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
(2004/10/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る


オット含め、何人もの人に「是非読め」と薦められていたので、さぞかし人生の座右の書とすべき知恵と示唆に満ちた物語なのだろう、と思っていたのですが、意外とエンターテイメント性の高い物語で、難解かつ高尚な読書と構えていたrillaさんとしては、拍子抜け。勝手に構えていたのはrillaなので、拍子抜けは、悪い意味ではないです。
むしろすばらしい良書だと思います。誰にでも胸を張って薦められる。
歴史ロマンに彩られた疾走するストーリー展開、平易かつ整った文章、芯にある「混迷の時代を生き抜く人間としての強さとやさしさ」というような、まさに今の時代に何よりも求められるであろうテーマ。
ただ、ただ、あえて言うなら。
rillaが女だからでしょうね。歴史の大河の中に身を投じる、没我の精神のヒロイズムを、もっともっと個々人の側に引き寄せ、そして、どこかに繋げたい。憂国の士が自分の身と家族をも犠牲にして、改革の礎となる、その亡国のロマンよりも、その中で生き抜く、個人の苦悩と成長をむしろもっと読みたい。だから、前半2巻の、主人公2人の必死の生き様の部分のほうが、楽しく読めました。後半はちょっと、rillaには受け止め切れません。
小野不由美の「十二国記」のほうが、rilla的には衝撃が大きかったです。

頭の中のメモ書き

|ω・`)…
おひさしぶりすぎですね。何年ぶり?みたいな。

忙しかったんです。非常に。
ログインのIDすら忘れてました。

家業に加え、細々とライターとしての仕事もやっていて、そんなこんなで、PCの前にはいつも貼り付いているのですが、まぁとにかく絞りだすようにして必要文字数を埋めていると(そんな難しい原稿じゃないんだけど、それは自分の力がないから)、もうなんにも書きたくない!ってなってくるんですよね。
でも、最近自分のために書くっていうことをしていないなぁと思い至り、舞い戻ってみました。

相も変わらずオットと二人暮らし、大きな変化はないけれど、そうそう、ブログのリードの「20代夫婦の家づくり…」も変えなくちゃですなww

■とりあえず最近のこと■
1、家業もそこそこ忙しい+ライターもそこそこ忙しい=めまぐるしい
ライターは、日帰り温泉施設の取材とライティングを連載で、それから地方誌のグルメやブライダル記事などの単発系、あとは企業の会報誌などの特集を季刊で、などなど…、とりあえずなんでもやってますww 関係者の皆様、いいお仕事あれば、よろしくですm(__)mくれくれ

2、ちょっと暇な今のマイブーム
☆冬季限定エイゴ
☆一眼レフE-420
☆読書
趣味のこととかブログに書いても、別にrillaの話なんて求められてもなかろうよ、どの分野も特に詳しくもないし…と、ずっと思ってたんですが、もうとりあえず、自分の日記のように書いてみようかな、と思っている今日この頃。
だって書 か な い と 忘 れ る んだものorz。頭のなかの消しゴム!!(NON-STYLE好きです。あと、オードリーと超新塾が好きですww)

3、家のこと
うーんうーん、特に手をいれたことはないかなぁ。
あ、煙突掃除を、初めて自前でしました。オットが頑張ってくれたので、そのこと、今度書こうかな。
あと、IKEAに行きたい。ひとりでww
オットと前に一緒に行ったんだけど、疲れはて、目がうつろになるオット(別に大して買いまわったわけでもないんだけどね)を見てると、もう帰る?ってなっちゃって。無駄づかいはしませんでしたが、不完全燃焼です。

そんな感じ(*^_^*)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。