大きな屋根の白い家*blog*

終わりなき「家づくり」の話題を中心に、この家での暮らしや趣味などを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳目前の夏、子育て日記(1歳10-11か月)

毎日めまぐるしいので、忘れそうな子育て日記を書いておこうっと。

1歳10か月の7月は、子が急成長した1か月となりました。

☆急激に言葉が増えた
「じゅーしゅ」など、大好きなものしか言えなかったのが、
「かえる」「あめ」など周囲の気になるものを言えるようになり、
「ごはん」(「まんま」を卒業)
「いってらっしゃい」(「いらっしゃーい」に聞こえる)
など、割と大人っぽい言葉も話せるように。

☆時々2語文
「ぱぱ、ない」「ちゃっちゃ、いらんねー!」「ごはん、あっち」「こぇ、ちゃっぷん」
など、これ2語文っていうのかな?
一応単語をつなげただけだけど、文としてなりたつことを時々言う。

☆歌が歌えるように
レパートリーは1曲。「おうちにかえろう」というおかあさんといっしょの曲。
「がーぇおー、がーぇおー、おーちっ、がーぇぉ…」
(かーえろ、かーえろ、おうちに、かえろう♪)
正解には程遠いし、激しく音痴なんだけど、とってもかわいい。
かわいいのでよくリクエストしていたら、脊髄反射で歌うように。
私「おうた歌っt 子「がーーーぇおおおお♪」
かぶせ気味に歌ってきます。

☆外遊び強化
よく仕事で連れまわして、午前中ずっと仕事場の横で退屈してる…なんて時もあって不憫なので、
空き時間は思いっきり遊んであげることに。
時間がちょっとでもあけば、近所のビーチか川で、水遊び。
夕方からでもお祭りやイベントに、どんどん連れだして
仕事もしつつで、母はヨレヨレぐったりですが、外のほうが子も楽しそうだし、
なんだかんだで母もリフレッシュします。

☆保育所
来月から月5回、一時保育に預ける予定。
一時保育、ひいては来年4月からの園選び進行中。

スポンサーサイト

2011年12月~1月の子育て記録

最近ツイッターでつぶやいていないのは、
忙しいからもあるんだけど、スマホに変えたからです。
え、スマホに変えたら、フェイスブックとかツイッターとか、
より楽しめるんじゃないの?って?

うん、そう思っていた時代が私にもありました…。(遠い目)

ま、その愚痴は別で時間があったら書くとして、
とりあえず仕事の前に、指のウォーミングアップがてら子育て記録。

12月は…販売会イベントだ、お歳暮発送だ、原稿締め切りだ、年賀状印刷だ、
なんだかんだと忙しく、ほとんど子育て支援センターにも行かず。
おせちは自分の担当分(栗きんとん、八幡巻)は作ったものの、大掃除は何それ状態。

クリスマスは、チキンを焼いて、スープを作って…、
一番大変だったのが、付け合わせにした、
マッシュポテトにブロッコリーを貼り付けたクリスマスツリー風サラダ。
「クッキンアイドルまいんちゃん」がやってて、簡単そうなのでチャレンジしたけど、
うん…、そりゃ簡単だったけど、手間がね!!肩凝ったよ。
子にはどうぶつシールブックと、お菓子を詰めたサンタブーツをプレゼント。
ツリーは倒されるので、壁に、大きな緑の画用紙をツリー型にして貼り、
そこにきらきらやリボンを貼って、平面ツリー。
ま、こじんまりと祝いました。

相変わらず喃語が95%だけど、お返事らしき発語もちらほら。
私が「おいで」と言うと、お前が来いとばかりに「ぁぃぇ!」と手招き。
「えいごであそぼ」がはじまると「えい!」とかけ声。
キッズコーナーでおもちゃをとられると「やいやいやい!」と江戸っ子のような威嚇。
「かわいいー!」と言うと「わーいー」と我誉め。
手をもってあげると前のめりの超特急でスタスタ歩く。

子は、あちこちに預けられ、仕事やらイベントやらに連れていかれても、
ヘルパンギーナやら風邪やらはしたものの、おおむね平穏に御機嫌に過ごしました。

1月にはいって、お年始まわりが終わった1月4日、ついに二足歩行。
気分が乗っていたのか、足を踏み出しては尻もちをつきまくっていたのに、
諦めずに自主練習を続け、最初に3歩、最高で7歩、歩きました。
思った以上に感動!これまでのことが走馬灯のように思い出されました。
これで赤ちゃん時代も終わるのね、と寂しい気分にもなったけど、
子がとっても嬉しそうだったので、私も嬉しかったです。
これで、次の日は10歩歩き、それからお靴をはいてお散歩に行くようになるのね…
なんて思っていたら、そっから歩かないし(笑)。
どうも芸だと思っているらしく、夕食後、ストーブの前のカーペットの上で、
両親が見守って応援し、誉めたたえてくれる、というシチュエーションじゃないと歩かない。
ま、まぁいいけどね(;・∀・)

1月半ばには、大阪の吹田に住む親戚の家に、初めて電車に乗って行きました。
和歌山から吹田、私の車で行けなくはないけど、下道がまったく土地勘がないので、
子と一緒に初めての電車、くろしおで行くことに。
多少がさがさはしたものの、全体的におとなしく、お膝でいい子にできました。
隣席で寝ている老婦人に、いつの間にかゾウのシールを貼ってたときは焦ったけどね。
テレビでしか見たことのない電車に、喜ぶかと思ったけど、全然わかってなかった。

親戚宅では、子は珍しがられ、たくさんかまってもらえて上機嫌。
親戚の血が騒ぐのか、人見知りもせず、私もいとこたちに子を可愛がってもらえて嬉しかった。
私は一人っ子なので、自分の子供時代、時々会ういとこたちに可愛がってもらえたことが、
本当に大切な経験になっているし。
子には、今のところ1人いとこがいる。オット兄のとこの3歳半の男の子。
うちの子はそのいとこが大好きで、いつも後を追いかけてはじゃれついてまわり、
その子が、変な顔しても、大声出しても、走っても、とにかく何をしてもバカ受け。
子供は子供、とくに親戚ってやっぱ大事なんだなぁと。

そんなところかなー。

最近の子(1歳3か月あたりの記録)

最近、ポイポイできるようになった。
といってもゴミではなく、食べ物をハイチェアからポイ☆
わざわざ口に入れたものを出してポイ☆
やめてけれ。

ラムネ菓子の味を覚え、ラムネ大好きっ子に。
ママと一緒やね。私はラムネが主食でもいいくらい大好きだ!
ラムネに限らず、なんでもよく食べる。ほんとに食べる。
白いご飯とお味噌汁が大好きすぎて、食べるとのけぞって喜ぶ。

1歳3か月を過ぎて、まだ歩かず。
つかまり立ちや伝い歩き、時々たっちもするので、あまり心配はしてないけれど、
小走りできちゃうお友達もいたりして、個人差に驚き。

おしゃべりは「はいっ!」がブーム。
自衛隊か!というくらい歯切れよく「はいっ!」と言う。
でも、もちろん内容をわかって言ってるわけではない。
「ごはんだよ」「はいっ!」→のけぞって喜ぶ
「ちっくんお注射行くからね」「はいっ!」→号泣

携帯が大好きで、適当に予測変換でメールを打ったりする。
こないだはパパに「奈奈はらら」とメールしていた。
画面をひっくり返すとワンセグになることもなんとなく理解している。
メールならまだしも、先日は夜中に目を覚ましてパパの携帯をいじり、
ばあばの携帯に電話。実に、夜 中 の 3 時。
義母は、ついに義祖父の具合が悪くなったかと、飛び起きて電話をとったら、
うちの子が「はいっ!はーい!(・∀・)」
もうほんとすみませんすみませんすみません。

シールが大好き。
病院や薬局でもらった小さなシールを出してきては、ペタペタ感を楽しむ。
紙や本に貼って遊ぶことはまだできないけれど、
壁や自分の体なら、貼ってはがして貼ってはがして、
粘着力が弱くなると、お口に入れてガムのように噛むのがお楽しみフルコース。
口にさえ入れなければ、もっと遊ばせてあげたいんだけどね…。
先日買ったキラキラホログラムのシールは、ご機嫌とりの必殺アイテム。
注射の後でも、キラキラシールには興味津津。
泣きながら必死で遊んでいた。

お布団は絶対かけない主義らしい。
布団に足を入れると寝ながら怒る。
もしかして暑いのかと恐る恐る薄着にして寝かせてみたら、
やっぱり布団から飛び出して寝て、見事に鼻たれ子に。

そんな1歳3か月。

10月の振り返り

子と一緒に風邪をひいたりしてすっかりtwitterから遠ざかっているあいだに、11月に。
また仕事が忙しくなってきつつあって、こんな時間まで雑事をしていた。
夜中に活動するの、やめたいんだけどなぁ…。

10月の子育てメモ。来年もフォトブックを作るから、忘れないためにね。

子はずいぶん上手につたい歩きをするように。
手をひいてあげると、大股でよっちよっちと歩く。
「ぱっぱ」「じー」などの喃語のような呼びかけのような言葉が
ずいぶんはっきりしてきて、よく話すようになった。
そして、「はぃ」とかわいいお返事ができるようになったのが、なによりうれしい。
やり取りだもんね、一応これも。
「もしもし」と電話の真似をすると、耳に手をやり「ぁぃ!」と言う。

器用になり、食洗機やらコンロやらリモコンやら、
のべつまくなしにボタンを押しまくるので、危なくて仕方ない。
重いトイレの引き戸も開けられる。
意外と器用なのね、1歳2か月って。

毎日午前に、支援センターや公園や子育て広場などに行って遊び、
12時過ぎくらいにまでにお昼ごはんを食べてお昼寝。
2時間ほど眠り、夕方にお散歩や近くの公園で短く遊ぶ。
とにかく寒くなる前に!と、外遊びをたくさんさせていたら、今頃になってMAX日焼け。
このスケジュールで、割とお昼寝のリズムがついてきた。
夜はまだ起きる。しっかり歩くようになったら、断乳にトライしてみる。

歯は上が短く2本、下が2.5本。
心配になるくらい食欲旺盛で、今日はお弁当箱いっぱいの1歳カレーじゃ飽き足らず、
私の唐揚げを奪い取り、一心不乱にかじり取って1個食べてしまった。
消化に悪そう…。

近所のフリマへ行ったら、妙に出品物がツボのお店があり、
ポンポネットやラルフなど、ジャストサイズの子供服、たくさん購入。
夏は大きくてもそれなりに着られるけれど、冬はジャストじゃないと動きにくそうだから、
安く買えてとてもうれしい。

週1回通っていた育児講座が終了。
ママ友がたくさんできて、久々の友達づきあいに、勘が戻らずあわあわ。

そんな1歳2か月の秋。

1歳になってみた。

朝あわただしく用意をして、子と一緒に育児講座。帰ってきてぐずる子をなだめながら昼食。さぁお昼寝をさせてそれからあれしてこれして…といつものように動いていたのですが。
ふと、子に対してオトナでいることをやめてみたら、どう反応するのかな?と興味がわいた。

寝かしつけで一緒にベッドへ行き、子と同レベルで会話してみた。
子「あうあ!ぐぎぎぎぎ」
rilla「あう!ぐぎゅぎゅぎゅぎゅ!」
子と絵本を取りあいし、泣いたら泣き真似で対抗。手加減はもちろんするけど、暴れたりかみついたり飛び乗ったりもふもふ遊んでいたら、なんだかこちらも本当に子供のような気分で、自然と同レベルに。
子「ふえええ」
rilla「うえええええん!(本気泣きまね)」
子「(;・∀・)…ぁ、ぁぇ?」

結局、童心に帰りすぎて、一緒にお昼寝してしまった母。なんだか視線を感じてはっと起きたら、子が余裕の笑みで私を見下ろしhていてびっくり。寝かしつけられてしまった? 

とりあえず、子はひとしきり本気で遊ぶと眠くなる?ということを体感。うちの子は、「さあ寝なさい、ねんねんねー」「ほーらねんねよ(トントン☆)」的な寝かしつけが成功した試しがないんだけど、なんとなく自分が子供の気分でお昼寝してみて、それはイライラすりゅ!それじゃ気が済まないんでしゅ!という子の感じは、分かった気がする。

…昼寝するはずじゃなかった母rillaの言い訳でした。用事たまりすぎ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。